« 自衛隊名機シリーズ(5) 出版 | トップページ | 月刊エアライン5月号 »

2005/03/26

航空自衛隊のF-15戦闘機

Dsc_0002
フリーライターの坪田敦史です。3月下旬だというのに、北海道は荒れ模様です(激しく吹雪いてます!)。

ちょっと前に撮影したものなのですが、千歳基地に着陸した航空自衛隊のF-15戦闘機。上の写真は、このときだけ晴れて日が当たり、綺麗に撮れました。
下の写真は吹雪の中撮影。エンジンの空気取り入れ口(エアインテイク)を良く見てください。左右アンバランスですネ。F-15は、エンジン出力に応じて、口の大きさが可変する構造になっています。

アイドル状態では、エンジンのインテイクが下がるのが普通です。左は下がっていますが、右(写真の方向では左側)エンジンは上がっています。これは右エンジンだけカット(停止)している状態です。
雪国のオペレーションでは、地面が滑りやすい場合、このようにアイドル推力をさらに落としてタキシングすることがあります。もちろんエンジン1基でも、タキシングはできます。着陸後、滑走路にタッチダウンした瞬間に右エンジンを切るパイロットも多いようです。(Nikon D70で撮影)

3月も終わりに近づき、これで冬ネタも終わりかな。春ネタを考えなくっちゃ。
Image1

|

« 自衛隊名機シリーズ(5) 出版 | トップページ | 月刊エアライン5月号 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 航空自衛隊のF-15戦闘機:

« 自衛隊名機シリーズ(5) 出版 | トップページ | 月刊エアライン5月号 »