« 飛行機雲 - contrail | トップページ | 航空旅行ハンドブック国際線版2006 »

2005/11/29

宵の明星 (久しぶりの天体写真)

DSC_0016

ライターの坪田敦史です。

夕方、金星が綺麗な今日この頃。

実は子供の頃から天体写真に強い興味を持っていました。
昔は「天文ガイド」「星の手帖」「月刊天文」「SKY WATCHER」といった天文雑誌の愛読者でした。最近はめっきり読んでいませんが(一部は廃刊に・・・)、たまに本屋でページをめくると、望遠鏡関係の機材や天体写真のデジタル化に目をみはるものがあります。

でも私は正直、天文観測を挫折したクチです。なぜなら、一番星が綺麗な冬の夜空はとにかく寒い!! 防寒をしての真夜中の観測は、とても気力が出ません(^^;)。そして、もう一つの理由は、やはり時間がないことです。
満天の空が拝める快晴の夜というのはそんなにないし、真夜中に観測活動をしてしまうと翌日の体調管理が・・・(^^;)。学生の頃はできましたが、仕事を始めてからは、すっかりご無沙汰ですね。皆そんなもんなのかも・・・。とにかく時間と気力が必要な趣味だと思います。雑誌投稿などで活躍している熱心な天文ファンにはホント感心。

写真は先日、道東で撮影した宵の明星。時刻は17時頃です。カメラ手持ち!で撮る。体をしっかり車に固定して連写、でもほとんどブレてなかったのはこの1枚だけ。ISO1600相当。露出1/3秒です。
西の空には金星。そして東の空には火星。
火星のほうはさすがに撮影は無理でしたが(三脚持っていれば!)、肉眼でも赤いのがはっきりと分かりますよね。この日は、天の川まで見えるほどの好天でした。やっぱ北海道の空はいい!(暗くていい!という意味です)

*天文ネタに関係して、毎日ニュースを見守っていました。
 祝!「はやぶさ」、小惑星イトカワへの軟着陸!

|

« 飛行機雲 - contrail | トップページ | 航空旅行ハンドブック国際線版2006 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宵の明星 (久しぶりの天体写真):

« 飛行機雲 - contrail | トップページ | 航空旅行ハンドブック国際線版2006 »