« 大空戦 (新刊紹介) | トップページ | 東京の雪化粧 »

2006/01/25

小松基地に行ってきました(取材)

KOMATSU1
(↑)離陸する小松救難隊のUH-60J救難ヘリ

ライターの坪田敦史です。先週、航空自衛隊・小松基地に取材で行ってきました。

冬の北陸は、天気が不安定です。案の定、晴れ間は少なかったですが、2日間に及ぶ取材は無事終了。近日の寒波で取材活動も心配されましたが、小松は意外にも雪がほとんど積もっていません。でも海風が吹きつけ、雪はパラ付き、フィールドでの撮影は、めちゃめちゃ寒かった!

小松基地には、F-15戦闘機とT-4練習機、それにUH-60J、U-125A救難機が配備されています。撮影のシチュエーション(被写体の姿と撮影場所)は、ある程度、作り出すことができます。「やらせ」なんていう悪口は言わないでくださいね。いい写真は、カメラマンが作り出すものなんです。でも、被写体は飛行機なので、シーンを作ってもらうのは、そう簡単ではありません。

撮影秘話は、機会があったらまた詳しく紹介したいものですが、例えば、機体ごとにタキシングしてくる場所を確認したり、離陸のパターンをあらかじめ打ち合わせしたり。これらは無理のない範囲で行われますが、パイロットの方々と専門用語を使ってきちんと話ができるだけの知識と経験が必要です。

この記事は、月刊『Jウイング5月号』(3/20発売)に掲載されます。まだだいぶ後ですね・・・。忘れた頃になるかもしれませんが、お楽しみに♪
本が出版される前にあまり写真を公表するわけにはいきませんが(^^;)、今回は初公開の写真もたくさんありますので、乞うご期待。

(↓)エプロンでエンジンスタートするT-4練習機。ローアングルファインダーを使用して撮影。
KOMATSU2
(↓)滑走路を離陸するF-15戦闘機。超望遠で撮影。
KOMATSU3

|

« 大空戦 (新刊紹介) | トップページ | 東京の雪化粧 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小松基地に行ってきました(取材):

« 大空戦 (新刊紹介) | トップページ | 東京の雪化粧 »