« F-2 航空事故 | トップページ | スクランブル!(緊急発進) »

2007/11/15

この惑星の起源をもとめて~「ちきゅう」が果たす役割

Jships
サイエンスライターの坪田敦史です。

地球深部探査船「ちきゅう」の解説記事を書きました。
現在発売中の『Jシップス2007/Vol.30』J-SHIPS(イカロス出版刊)に掲載されています。
http://secure.ikaros.jp/sales/BS.html

この船は、地震探査のために建造されたもので、JAMSTEC(海洋開発機構)が運用している。
海底から地下7000mまで掘る。掘削調査船としては、世界一の能力を持つ。人間がどこまで深く「穴」を掘れるのか、未知への挑戦だ。

海底の地盤を掘る。
  ↓
掘って取り出した岩盤を調べる。
  ↓
海底地層を見れば、地球のメカニズムが分かる。
  ↓
そして地震発生源をつかむことができる。

というプロセス。
掘った穴にセンサーを常設し、地盤が動いたらリアルタイムでデータが送られ、地震速報にする構想もあり。

人類はまだ、地球内部(マントル)がどうなってるのか実際見たことがない。理科系ライターの私としては興味深いテーマだ。宇宙に行くのと同様、地下にも行かねば!

今年秋から掘削調査が始まったばかりだが、こういう大プロジェクトは非常にお金が掛かるので、それが難題。船の能力についても、現時点ではスペック上の話なので、トライしてみないことには、本当に「すごい」かどうか(?) 先月、地下500mまで掘ったところで掘削用ドリルパイプの先端が脱落し、回収不能になってしまった・・・。

地球深部へ迫る探検は、そんなに甘くないだろうけど、行けるとこまで行ってほしい。

「ちきゅう」の活動は、↓こちらで更新中。
http://www.jamstec.go.jp/chikyu/jp/index.html
Jships002

|

« F-2 航空事故 | トップページ | スクランブル!(緊急発進) »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

掲載出版物」カテゴリの記事

テレビ出演・番組制作協力」カテゴリの記事

旅行・航空旅行」カテゴリの記事

軍用機・防衛・自衛隊・米軍」カテゴリの記事

コメント

地球の内部にもぐる映画ってありましたねー。
見たことがない、まだよくわからないからこそ気になるっす。
地底人はいないの??

投稿: すぎさま | 2007/11/16 11:04

僕の記憶が正しければ、採掘能力の実力は数kmの深さですよね。
でも、地震の発生する深さって数十kmの深さだから、どうもイメージ的にはかみ合わないんです。
実際のところ、数kmまで掘れば数十kmの深さが解かるのか、どうなんでしょう?

投稿: ライス | 2007/11/17 17:48

>すぎさま
地底人は、たぶんいます!!
ちなみに生命の存在は海底下800mまで確認されています(今の所)。

>ライスさま
「ちきゅう」が今後7Kmの掘削を達成したら、ホントすごいもんです。震源は何十キロ下なので、そこまでたどり着くのは、我々が生きている間には無理でしょうけど、動いた断層の調査は掘れば掘るほど成果は上がりますよ(たぶん)。

投稿: 坪田 | 2007/11/23 15:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F-2 航空事故 | トップページ | スクランブル!(緊急発進) »