« 『ひるおび』(TBS)~2020年東京五輪になったら...羽田空港は? | トップページ | 『MAMOR』12月号にて、XC-2の性能コメントを発表 »

2013/09/26

【新刊です】 『戦慄のロボット兵器 (DIA COLLECTION)』

Photo
航空ジャーナリストの坪田敦史です。

拙著、新刊案内です。

『戦慄のロボット兵器 (DIA COLLECTION)』
石川 潤一 (著)、後藤 仁 (著)、坪田 敦史 (著)
(ダイアプレス刊、9月26日発売、600円)
http://diapress.jp/archives/3445.html

amazonで見る

コンビニ他、全国書店で発売開始されました。
ライター3名共著による新刊です。

私は無人航空機について解説を担当しています。

本のタイトルは少し物騒な印象があるかもしれませんが、アメリカを中心に世界で使われている無人航空機とは、どんなものなのか。解説はそこに重点を置いています。

パイロットが乗らない航空機として、技術的には非常に優れたものです。
無人機を使用することのメリット、デメリットについても解説していますので、ご一読下さい。



いま、国際的にも「ロボット兵器」が話題、議論になっています。
ただ、現代の無人機の目的は、まだまだ偵察(情報収集)が主体で、すぐさま自動攻撃兵器として使われるというような認識は、ちょっと違うことを改めて知って頂きたいと思います。

※コンビニ価格で買って頂けるタイプの、文庫本です。

|

« 『ひるおび』(TBS)~2020年東京五輪になったら...羽田空港は? | トップページ | 『MAMOR』12月号にて、XC-2の性能コメントを発表 »

「掲載出版物」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「航空機の知識」カテゴリの記事

「軍用機・防衛・自衛隊・米軍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ひるおび』(TBS)~2020年東京五輪になったら...羽田空港は? | トップページ | 『MAMOR』12月号にて、XC-2の性能コメントを発表 »