« 『世界マップダイバー』(テレビ朝日) ジブラルタル空港を紹介 | トップページ | 謹賀新年2014 »

2013/12/28

『ミス・パイロット』の世界を、皆さんにも

パイロットの資格を持つ航空ジャーナリスト、坪田敦史です。

TVドラマ『ミス・パイロット』も終話しましたね。

小型機のコクピットから見える景色。
名古屋空港(県営名古屋空港/小牧)のランウェイ34に最終進入中。

正面に見えている滑走路の先端を狙って、進路を維持、降下。同時に管制塔と無線交信をして「着陸許可」をもらう。滑走路から5マイルといったところ。

このとき、外の景色も、手前の計器も、同時に見ている。緊張の数分間だ。

天気が良い日の夜間飛行は、こうして正面に宝石をちりばめたような景色が見られる。
パイロットだけしか味わえない世界かも。

『ミス・パイロット』のように、みんなも厳しい訓練を乗り越えて、パイロットになろう。他の人が絶対体験できない世界に、ぜひ足を踏み込んでほしい。

(↓クリックで拡大)
Tsubotakomakiapp

|

« 『世界マップダイバー』(テレビ朝日) ジブラルタル空港を紹介 | トップページ | 謹賀新年2014 »

「旅行・航空旅行」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「機窓」カテゴリの記事

「空港、その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『世界マップダイバー』(テレビ朝日) ジブラルタル空港を紹介 | トップページ | 謹賀新年2014 »