2009/12/30

『軍用機検定』 Jウイング[掲載誌] 

Jw20102
航空ライターの坪田敦史です。

こちらも、私めの軍用機関連の執筆記事です。

現在発売中の『Jウイング2月号』(イカロス出版、12月21日発売)にて、『軍用機検定2』と題して、ユニークな記事を掲載しました。

読者の方々に、軍用機の知識がどのくらいあるのかを試すという企画です。全部で50問(初級、中級、上級編)+「初段」検定問題で構成。難しいかもしれませんが、初段以外は解答が載っているので、気軽に読んで知識を養って下さい。初段はアンケート応募式で、全問正解者には特製ステッカーが贈呈されます。


『Jウイング』2008年3月号で行った同じ企画が好評だったため、今回は第2弾というわけです。前回よりも、問題は難しくなっています。感想がございましたら、編集部宛てにメールを送って頂ければ幸いです(本誌巻末に編集部のアドレス掲載)。

※前回は、なぜかアキバblogで紹介されていました。ありがたい話です。
http://www.akibablog.net/archives/2008/01/warplane-080122.html

イカロス出版サイト
http://secure.ikaros.jp/sales/JM.html

アマゾンで見る

JWings2010年2月号(1,200円)
Jw20102_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サピオ[掲載誌] 中国J-14戦闘機について

Sapio142_2
航空ジャーナリストの坪田敦史です。

今月の掲載誌を連続で紹介させて頂きます。

現在発売のSAPIOに中国の第5世代戦闘機、J-14についての記事を書きました。
タイトルは『J-14が日本国境を飛ぶ日』
1ページの記事ですが、本屋でご覧下さい。

国際情報誌『サピオ 1/4号』(小学館)12月16日発売、520円
http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/sol_magcode?sha=1&neoc=&zname=2300&keitai=0

バックナンバーはこちら

アマゾンはこちら

Sapio14_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/15

【速報】 サンダーバーズ飛ぶ!at千歳 (10/15Thu)

Tb09
↑紅葉バックは今の北海道らしい景色となった。

Tb05_2
ライター兼カメラマンの坪田敦史です。

アメリカのアクロバット・チームがパシフィックツアーの一環として来日している。
今日は千歳でエアショーが行われ、平日にもかかわらず、大勢の来場者で賑わった。私の仕事仲間もみんな来ていた、北海道までお疲れさま。

米空軍のF-16による「サンダーバーズ」。6機による編隊とソロの演技を披露した。天気は晴れ→曇。ショーが終わった直後に一旦雨が来てまた回復。
本場アメリカではよく見てるけど、日本では1994年以来だ。とても楽しめた。いい写真が撮れて本当に良かった。

今週土曜には浜松、日曜には三沢でエアショーが行われる。来週は韓国へ、その後チームは本国に帰還する。

本日、速報で写真掲載!

Tb01_2

Tb03

Tb02

Tb07

| | コメント (0)

2008/12/18

[新版]よくわかる!軍用機の基礎知識

D122
航空ジャーナリストの坪田敦史です。

新刊案内です。
本日、拙著が発売されました。店頭に並んでいることと思いますので、ご覧下さい。

[新版]よくわかる!軍用機の基礎知識 (イカロス出版) 
                 \1700(税込) 12/18発売

http://www.ikaros.co.jp/

◎戦闘機からヘリコプターまで、軍用機の最新事情を徹底紹介◎ 軍用機の種類を覚えよう/軍用機の名前と部隊、シリアルナンバーのしくみ/現代軍用機の性能と任務を知る/基地の飛行場で軍用機を見て楽しむ/こんなにある!軍用機の楽しみかた 

Amazonで見る

ビーケーワンで見る

セブンアンドワイで見る

|

2008/06/22

サミット準備 「ヘリコプター」編

記者の坪田敦史です。

サミットの警備がすごいから、今、洞爺湖行けるの?なんて会話が、地元では多い。そんな「行き控え」の影響?で、温泉宿も、今はまだ空いてるそうだ。

これは、日本の「政府専用ヘリコプター」。
国内で首相や天皇などの要人(VIP)を輸送するため、常時、3機が関東で待機に就いている。フランス製のヘリで、運航しているのは陸上自衛隊。
すでにサミット準備のため北海道入りしており、会期中は、新千歳空港からウインザーホテルまで、世界各国の関係者を輸送する。

写真は、航空雑誌『Jウイング』2008年4月号で掲載するため、昨年末に私が取材したもの。
機内には10席くらいの革張りシートがあり、液晶モニターや衛星電話も設置されている。でも、セキュリティの関係上、機内は非公開。
Ec225lp
特別輸送ヘリコプター隊・木更津駐屯地(千葉県) EC-225LP

*100,000までカウントダウン。あと2~3日で達成しそう!!

| | コメント (0)

2008/06/16

サミット準備 「お土産」編

じめじめした梅雨の東京を避けて、最近は北にいることが多いライターの坪田敦史です。

今、北海道では、サミットに向けて様々な準備が行われている。
新千歳空港や洞爺湖周辺の観光地では、サミットに便乗した「お土産」が売られている。その中で、面白かったのが、これ。

Summit001

G8首脳が温泉に入ってるイラストパッケージの入浴剤。

この中に、プーチンがいるのだ。レアモノになるんじゃないかと思って、とりあえず買ってみた。だって、サミットに来るロシア首脳はメドベージェフでしょ?

これ買ったのは4月なんだけど、このイラストは今、変更されているのだろうか?

(↓)新千歳空港には、G8首脳の特別機が次々と飛来する予定。
そのために、空港に臨時のVIPターミナルが建設された。内部は貴賓室や記者室になっているらしい。平屋で、サミット終了後は取り壊すとのこと。国旗掲揚の竿が9本立っている(G8+EU)。しかし、実際には、VIPが千歳に到着すると、すぐに待機しているヘリコプターでウインザーホテルに移動する予定で、この「小屋」でVIPがゆっくりすることはないだろうと?
Summit0010

| | コメント (0)

2008/06/08

本日の撮りおろし C11 171 ふらの・びえい号 

写真家の坪田敦史です。

最近あんまり写真撮りに行ってないなー、と思い、とりあえず車に一眼レフを積んで出かける。
梅雨のない北海道は、とても心地よい季節。たまには、違うネタを。

今日、美馬牛(びばうし)駅で撮影したSL。
普段、富良野・美瑛を走ってるノロッコ号が、この週末だけSLを連結するということで、沿線には大勢のファンが撮影に来ていた。(無人駅だけど、安全確保のため警備員の方がいたほど)

これまで鉄道写真を撮る仕事をしたのは、ほんの少しだけ。今日も単なる趣味。SLは生き物のようで、撮影の瞬間、ちょっとした興奮がある。これまでに海外でも結構撮ってるしな。

鉄子ブームの影響? カメラを持った女性ファンも、ちらほら見かけた。

(↓クリックで拡大)
黒い車体は、露出調整が難しく、飛行機を撮る時とは違った「構え方」が必要。
1/500 F/5.6 ISO-200 シャッター優先 +0.3ステップ
Slbibaushi0001

| | コメント (2)

2008/06/02

星出宇宙飛行士 シャトルのマニュアル

Hoshi01ジャーナリストの坪田敦史です。

スペースシャトルの打ち上げ、まずはおめでとう!

 シャトル打ち上げ取材のため、私もフロリダに駆けつけようとは思っているのですが、忙しくて、いつもタイミングが合わない。シャトルの打ち上げは、遅れることが多いので、時間的な余裕を持って取材に臨まないと、リスクが高いのですよ。
Hoshi02
 しかし、3月の土井さんも、昨日の星出さんも、予定通り打ち上がったので、今回取材に行かれてるジャーナリストの方々は、とても運がいいですね。

 次に日本人が上がるのは、来年2月の予定で、若田さんが「きぼう」建設3便目に搭乗。取材の次の機会を狙いたいと思います。

【写真】昨年、東京のJAXAで記者会見した際の星出さんたち。私がお会いしたのは、このときだけです。
 星出さんはスペースシャトルのチェックリストを見せてくれました。しかしながら、このときはディスカバリー(OV103)ではなく、アトランティス用(OV104)のマニュアルを持っていたんです。
Hoshi03

| | コメント (0)

2008/05/28

アメリカ軍の機内食

雑誌記者の坪田敦史です。

米軍機内に用意されたクルーミール(乗員用の機内食)。
「お弁当」にしては箱ばっかりでかくて、「何が入ってるんだろう?」思いきや、サンドイッチ、水、ポテトチップス、チョコ!
って、これお菓子じゃないか!!
毎日こんなの食ってるんですよ、アメリカ人は・・・。

午前中に離陸して、基地に戻るのが夕方。このときは空中給油機に乗って約9時間のフライトだった。機内でのランチはこれだけ。でも記者の人達にも配られました。タダで頂いたので、ありがたいです。

Ata02

Ata01

| | コメント (2)

2008/05/21

世界の機窓から -1 (岩手山)

ライターの坪田敦史です。

ブログの更新をしていないと、「最近どうしてるんですか?」なんて言われます。
生きてます。忙しいです。最近は国内を点々としていることが多い。

とりあえず、いつものルートを飛ぶ。
 札幌→東京
右の窓側席に座ると、盛岡上空のすぐ手前で岩手山が見える。
お決まりの機窓なのだが、この山は頂上にポッカリ「お釜」があるのが特徴。
標高は2038m。

この写真は、先週末に撮影したもの。
頂上付近だけにある残雪と、新緑がミックスした今ならではの景色。
6月に入れば、残雪も消えるだろう。
Iwate02

↓これは同じ風景を2月に撮影したもの。雪化粧が美しい。
 上空、約10000mからの撮影。
Iwate01

| | コメント (0)

より以前の記事一覧