« ロシアの大型輸送機 イリューシンIL-76MD | トップページ | 「エアアジア・ジャパン」、今後の行方は?(短命なり) »

2013年7月20日

ジェットスター・ジャパンA320の「シャークレット」見比べ

夏休みシーズン真っ盛りで、何かと評判になっているLCCの話題。

ジェットスター・ジャパンは、全てエアバスA320で運航しているが、実は機体の外見に大きな違いが2種類ある。

最近、新しく導入している機体は、「シャークレット」と呼ばれる、サメの背びれのような小型(といっても大きめ)の翼が、主翼の先端に付いている。

写真(上)は、「JA12JJ」で、シャークレット付の機体。

写真(下)は、従来のA320の標準形だった「ウィング・チップ・フェンス」が、主翼端に付けられている機体。写真は「JA07JJ」。

見比べてほしい。先週末、新千歳空港で撮影した撮りおろしだ。

Tsubotajetstarja12jj
Tsubotajetstarja07jj

« ロシアの大型輸送機 イリューシンIL-76MD | トップページ | 「エアアジア・ジャパン」、今後の行方は?(短命なり) »

空港/飛行場」カテゴリの記事

航空ジャーナリスト坪田敦史」カテゴリの記事

航空機の機材/パーツ/拡大」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロシアの大型輸送機 イリューシンIL-76MD | トップページ | 「エアアジア・ジャパン」、今後の行方は?(短命なり) »

フォト

最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
無料ブログはココログ